地域 薬学 ケア 専門 薬剤師。 地域薬学ケア専門薬剤師とは? 認定要件と研修の流れ、過渡的措置についての解説

ケア 専門 薬剤師 地域 薬学

👣 本研修会では、認定取得を目指す薬局薬剤師と医療機関の指導者等を対象に研修会を開催し、研修の具体的な進め方に関する方法を共有することで、研修にかかる薬局薬剤師と指導薬剤師の意識付けを図り、質の高い研修の実施と認定者のいち早い輩出を具現化することを目的としております。 高度管理医療機器販売業の許可を有している• 自ら薬学的管理をおこなった、5年間の 症例報告50症例(4領域以上の疾患)を提出すること 10. 「日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師」、「日本病院薬剤師会日病薬病院薬学認定薬剤師」、 「日本薬剤師会・生涯学習支援システム JPALS クリニカルラダー5以上」、その 他本学会が認めた認定制度による認定薬剤師のいずれかの認定を受けていること。 高齢患者の多くは、複数の医療機関を受診して複数の薬が処方されることが多いため、全ての医療機関の処方情報を把握しなくてはなりません。

13
ケア 専門 薬剤師 地域 薬学

🤙 2020~2024年の過渡的措置がある期間、さらに今年度は緩和措置があり、申請のハードルが下がっています。

13
ケア 専門 薬剤師 地域 薬学

🎇 言い過ぎではありません。

ケア 専門 薬剤師 地域 薬学

🍀 「かかりつけ薬剤師・薬局機能」に特化した「地域連携薬局」• しかし、認定薬剤師の要件が厳しく、上位資格である専門薬剤師の足掛かりとして機能していない、薬物療法専門薬剤師の認定者が少ない、薬局勤務の薬剤師を対象にした専門薬剤師制度がないなど、運用にはさまざまな課題がありました。 認定要件のうち学会発表や論文は癌に焦点を当てた内容が求められるほか、がん専門薬剤師集中講義の受講が必要になる。

ケア 専門 薬剤師 地域 薬学

👉 来年のうちに何とかクリアしてね。

4
ケア 専門 薬剤師 地域 薬学

📞 「高度薬学管理機能」に特化した「専門医療機関連携薬局」 この後者である「専門医療機関連携薬局」の要件に「学会認定等の専門性が高い薬剤師の配置」が加えられているんですよね。

5
ケア 専門 薬剤師 地域 薬学

🔥 なので、病院勤務でも取れるのかな?とよくよく見直してみたところ、細則に以下の記述がありました。 取れるときに取る、というのは立派な方針 もちろん、要件は先送りされただけで、もう何もしなくていいということではありませんが、目指している、目指そうとしていたのであれば、「取れる時に取る」というのは大事なことです。 専門医療機関連携薬局の要件として学会認定などの専門性が高い薬剤師の配置が求められており、『地域薬学ケア専門薬剤師』はこれを想定してつくられた専門薬剤師資格だと考えられています。

14