進撃 137。 【進撃の巨人137話確定速報】リヴァイ死亡!ジークを仕留める!|アルミン生還!

137 進撃

🐲 そしてジャンが苦しそうにハッキリと言葉にしました。 その間にオカピは超大型(ベルトルト)のいる方に行ってしまいました。

137 進撃

✔ 巨人を形成する血や骨、時には記憶や意思に至るまでがこの「道」から送られてくると言われている。

137 進撃

👣 ジークは自らの能力を生かし、上空から巨人を「質量爆弾」として落下させることで爆撃と降下を両立させる戦術に利用した。 三重の壁や人喰い巨人の闊歩する「楽園」が存在する物語の舞台。

137 進撃

👋 動力源のガスは管を用いてこちらに接続されている。 進撃の巨人137話ネタバレ最新話の確定速報|アルミンが巨人化しエレンを吹き飛ばす 「さよなら、エレン・・・」 アルミンは超大型巨人に変身し、エレン巨人の胴体を吹き飛ばしました。 スポンサーリンク 死ねば自由? 外の世界に戻る方法はジークも知りませんでしたが、「僕は何も諦めていません」と強く告げるアルミン。

17
137 進撃

♨ アルミンはそんな単純な理由ではなくて、仲間が戦っているのを黙ってみてはいられないからだ!といいますが・・・ 「なぜ負けちゃダメなんだ?」 生きているということはいずれ死ぬということ・・・これで自由になったとして何の意味がある・・・ そう語るジークにアルミンは絶望し、足元に広がる砂をつかみます。

17
137 進撃

😍 さっき特攻機と書きましたが、描かれた雰囲気からは特攻機『桜花』をイメージさせるようなスピードで一直線にジークに向かい急降下するような感じでしたね… どういった散り方をするのかまではまだわかりませんが、リヴァイが死の間際にどんなセリフを残すのが非常に気になりますね… わかり次第また追記させて頂きます!. 登録無料でマンガ1冊まるごと無料 【前回のあらすじ】 アニたちと合流したリヴァイたちはエレンの上に再度降下しましたが、多数の巨人が無尽蔵にわきだしてくるため、状況は最悪です・・・ 一方、アルミンは巨大な光る大樹がはえた、精神世界でジークと話をしていました。

3
137 進撃

✔ 巨人大戦で145代レイス王に叛旗を翻した最初の貴族で、世界からは救世の末裔の一族として尊敬の念を集めている。

12