ガトー ガンダム セリフ。 機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフまとめ

セリフ ガトー ガンダム

😜 大人になってわかるのだから、子どもがリアルタイムで観てもわからないのも無理ありませんね。

4
セリフ ガトー ガンダム

🤟 必ずや将来、栄光あるジオンに仇をなすでしょう」と返します。 「見よ、これが我々の戦果だ。

1
セリフ ガトー ガンダム

♨ この機体もアクシズからデラーズ・フリートに譲渡された機体でガトーしか搭乗していません。 この後、実戦の緊迫感にアテられて、脈絡なくハァハァ言いだした。 一刻も早くジオンの勢力圏から抜け出ようとホワイトベースは夜の暗闇に包まれた市街地を敵に見つからぬよう、全ての照明を落とし、低空で飛行していた。

8
セリフ ガトー ガンダム

🚀 これまで戦争に直接関わることがなく、武器やモビルスーツがカッコいいと少年らしく憧れていた、主人公の「アルフレッド・イズルハ」が初めて人の死に直面し、 戦争のリアルを感じて出た発言です。 認めたくないと言っても自身の経験不足からのミスである事は認めています。

セリフ ガトー ガンダム

✌ ウッディ大尉の任務は戦場で戦う兵士たちの補給、つまりバックアップなのですが、それに高いプロ意識をもっていることが示されています。 世間知らずで自らに対して絶対的な信用を寄せていた事が仇となった事を暗喩して「坊やだからさ」となっています。 形式だけにとらわれて本質を見ていない人に対して聞かせたいセリフ。

20
セリフ ガトー ガンダム

💅 怨念はアルビオンをも砕くのか。 アムロがシャアとの戦いの最中、メインカメラがあるガンダムの頭部をやられた際に言ったセリフになります。 コクピットを覗き込むと機体に火が入っており、いつでも動かせる状態だと気づいたアムロはガンダムを操縦し、暴れるジオンのMS「ザク」を撃退することを決意したのだった。

7
セリフ ガトー ガンダム

☝ 一方で愚直なまでにジオンの理想に傾倒する側面があり、のような自らの信念や美意識に相容れぬ人物に対しては、嫌悪や差別的な態度を見せることがある(ただし、シーマ艦隊は常日頃から民間・連邦はもとより、友軍であるジオン軍すら略奪の対象としていたなど蛮行の限りを尽くしており、シーマ艦隊の悪名高さはジオン軍の共通認識だった。

セリフ ガトー ガンダム

✌ ジオンの思想、君主に絶対的な服従を捧げ、高いカリスマ性と独特の大義を持ちながら地球連邦と戦います。 確かにこの時点で、コウの操縦技術は未熟なので、ガトーの言いたい気持ちもわかりますね。

17