ココ ファーム。 「慈善ではなく、おいしいから」 障害者のワイナリー「ココ・ファーム」収穫祭を訪ねて

ファーム ココ

🖖 ワイン用の木箱も素敵です。 28 イベント開催場所• おいしいワインは葡萄からと考え、葡萄や周辺の環境になるべくストレスをかけない栽培を心がけています。

ファーム ココ

💖 試飲タイム!帰りは 妻が運転してくれました。 3人は、「来年からも毎年、来ようね」と約束していた。 醸造タンク等。

13
ファーム ココ

😇 126• ご購入手続き中は、複数個口にまたがる商品数をご注文いただいても、1個口分の送料しか加算されません。 「ココの『あわここ』は気取らず飲め、笑顔になれるような微発泡のワインです。 お寿司や和食にも合う「日本の小粋な白ワイン」です。

8
ファーム ココ

😚 そんな葡萄で白ワイン! 晩秋にブドウ畑で新酒を楽しむイベントで、全国から1万数千人が集まるという。 「『果実味と希望に満ちた日本の赤ワイン』を目指してつくられている農民ロッソ。 収穫祭の時期は紅葉もとても綺麗です。

20
ファーム ココ

💢 その後、葡萄本来の自然の持ち味を活かすため、果皮に付いた野生酵母でステンレス・タンクで醗酵させました。 すべての人に受け入れられるとは思いません。 ラズベリー、チェリー、アセロラなどの赤い果実、シナモンなどのスパイスの香りがあり、 口中はチェリー、ざくろ、オレンジ等の果実の他に、チョコレートやシナモン、ミネラルや香ばしさがある。

1
ファーム ココ

💓 183• 洗練させながら最良の方法を模索し続け、 丹精こめて育てられた北海道余市のピノ・ノワールを丁寧に醸造したドライなロゼワインは、 より爽やかで、より複雑で、より食事にも合わせやすいワインになりました。

1
ファーム ココ

🤔 無心に土に向き合い、葡萄や微生物の声に耳を傾ける毎日。 障がい者の方がそれぞれに合った仕事をし、国の補助に頼らず、その労働に見合った十分な給料が得ていて、さらにいいワインを作り、質で評価され利益を上げる。 ワイナリーに隣接する知的障害者の施設「こころみ学園」の園生で、ふだんはブドウを栽培し、ワインを造っているそうだ。

ファーム ココ

💅 文献 [ ]• 最初のワインを出荷する。 』は、淡くやわらかな白ワインとは正反対です。

8
ファーム ココ

👣 細かな泡、青リンゴや洋梨の香りとビン内で酵母と一緒に過ごした年月を物語る広がりのある香ばしさ。 ワインのテイスティングは500円で、5種類のワインを試すことが出来、チーズやレーズンが付いています。 カーヴ横には デゴルジュマンの様子を 写したパネルが。

17